トップページ

ミライ

明日を照らすモノ作り

 戦後の混乱期から、高度成長期、グローバル化、バブルとその後の停滞、リーマンショック、震災・・創業から60年以上、われわれアサヒグループは浮き沈みする様々な時代の流れの中で伝統を守り、革新を繰り返しながら、常にお客様の「明日を照らすモノ作り」を続けてきました。
 自転車用の電球製造から始まり、自動車用ライト、プレス板金、パッケージ、ゴム部品、インテリア、物流、販売ブランドの育成など事業軸の多角化を行いながら、世界初となるコンバーション型HIDシステムの開発・販売、業務システムの早期コンピューター導入、グローバル化に対応した海外生産拠点など、時代を先取りする取り組みをしながら、お客様のニーズに迅速にお応えする体制と、未来を切り開く製品をグループ各社の強みを生かして作り出してきました。
 今後も、新たなる時代に向けて、グループの力を結集して、明日を照らすモノ作りを続けていきます。

ニュース

2015年10月27日 サイトを公開しました。